Posts found under: 出来事・イベント | プティット南草津ルーム - Part 4

令和2年度 最後の月

もう3月…ほんと、早い( ˆ꒳ˆ; )

小学校へあがる子達、他園へ行く子達、引き続き南草津ルームで過ごす子達と様々な春。

毎日一緒に、当たり前のように過ごしてきたお友達とこうして過ごせるのもあと一月と思うと、もっともっと「楽しいね」と感じられる時間を作って、たくさんの笑顔をみんなで共有したいなと思います。

今日はまた、動くと汗ばむくらいの陽気。全身で春を感じにお外へ。「気持ちいいね〜」というと「気持ちいいね〜」と満面の笑顔で返してくれるお姉ちゃん達。ちびっ子達は、今日はまたとんでもなくハイテンションで、カートの中でキャッキャと足踏み(笑)気持ちいいね〜と言うと、目を見開いてまだまだ言葉はでませんが、満面の笑顔で指差ししながら「あー!おー!」と、応えてくれました。ほんとみんな、かわいい♡

今日は、お預かり予定だったお子さんが、入室前に検温すると37.4度。せっかく来てくださったのですが、そのままお家へお帰りになりましたが、やはりお母さんの「あれ?なんか体熱いかも…」って感覚はやはりさすがです。

寒暖の差が激しくなる今日この頃、皆様も体調管理だけはお気をつけくださいね。

Read more...

できた!って嬉しいね

ポカポカ暖かい春のような日。

いつもの公園でなく、少し遠くの公園までお散歩へ。子ども達は、わくわく。私も、ワクワク(笑)

広い公園に、カラフルな遊具。みんな大はしゃぎで可愛い♡

登ってみたいけど、少し怖い〜っと。でも、先生がついていたら大丈夫!登りきれたときの顔は、とってもいいお顔。一度成功したら次からは、全然へっちゃら!こうした、ちっちゃな達成感を1つずつ丁寧にお手伝いできるのは、とても嬉しい瞬間です。

一本橋みたいだね〜と、きちんと並んでバランスとりながら何度も渡るちびっ子も、渡りきった時のニッコリ笑顔は可愛くてたまらない♡

これからどんどんいい季節になるので、たくさん体を動かしていろんな「できた!」を経験させてあげたいなと、思います。

楽しすぎた公園をあとにした帰り道、何度も何度も「楽しかったねぇ」って。うん!また、行こうね!

Read more...

ちっちゃな紳士

寒い日もあれば、暖かい日もあり、少しずつ春に近づいてるようで、冬の苦手な私は嬉しくて仕方ない今日この頃(笑)寒暖の差が激しくなっているので、皆様体調だけはお気をつけくださいね。

さて今回は、先日の私のキュンとしたお話(笑)

お散歩に出ようと準備をしている中、思わず「うわっ、さむ〜」と言葉に出たスタッフ。それを横で聞いていた5歳児の男の子が「先生、僕のジャンバー貸してあげるわ」と(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡その優しさに大人の私達は「なんて素敵な事をサラリと言ってのけるの〜♡」と大感動!物理的に借りる事は絶対ムリだけど、本気でそう思って自分が着ていたジャンバーを脱ごうとしてた彼には、温かい気持ちにさせてもらいました。彼には「ありがとね、その優しい気持ちだけで十分だよ」と丁重にお断りさせてもらいました。

そんなちっちゃな紳士が、将来どんな素敵な紳士に成長していくんだろう…とますます未来が楽しみに思えた瞬間でした。

Read more...

保育士資格取得支援事業

保育士資格を取得したいなぁ…とお考えの方、この滋賀県の支援策を使って見られたらいかがですか?

県では「保育士資格取得支援事業」という取り組みをされています。諸条件はあるものの、使える方も多いのではないでしょうか?滋賀県で、たくさんの保育士仲間が増えれば、さらに子育て支援が充実した温かい県になるのでは…と♡

当ルームは、認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の交付を受けた施設なので、支援策対象施設です。うちで働きながらは支援金をもらえて資格取得を目指して頂けますよ!
ご興味のある方は、ぜひ!

申請用紙や詳細は、下記へお問い合わせください。ちなみに、申請様式等は、滋賀県ホームページに掲載してあります。http://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kosodatekyouiku/kosodate/315162.html (滋賀県保育士資格等取得支援事業について)

お問い合わせ・申請書類提出先
〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号 滋賀県健康医療福祉部子ども・青少年局 子育て支援室 保育人材確保係
電 話 077-528-3557 E-mail:em0004@pref.shiga.lg.jp

Read more...

マネっ子

今日は春を思わせるようなポカポカ陽気。寒暖差があるこの時期、体調管理だけは皆様お気をつけくださいね。

異年齢保育が多くなりますが、年齢を分けて活動するとチビッコ達の可愛すぎる姿をたくさん発見します(笑)その中のひとつ…

このベビーベッドの下は、トラブルが多いので入らないように言葉がけをしているのですが、なぜかみんな入りたがる空間(笑)

年上の子達がいないこの時間、よちよちのチビッコもいつものお兄ちゃん達のマネっ子で入っちゃって、出ておいで〜と言葉がけするも満面の笑顔(笑)

いろんなマネっ子をしながら、成長していくんだろうなぁ…と微笑ましく感じました。とはいえ、頭をゴチンとしても可哀想なので違うお遊びを提供。好奇心旺盛なチビッコは、ちゃんと新しい活動に参加してくれ、一安心(*ˊᵕˋ*)めでたしめでたし(笑)

Read more...

124年ぶり

「2月2日は、節分です」って聞いた時「えっ、節分って2月3日じゃなくなったん?」とめちゃくちゃ驚いた今年(笑)

調べてみると、節分は固定ではなく「立春の前日」というルールがあるようで、今年の立春は2月3日。なんと、節分が2日になるのはなんと124年ぶり。生きてる間にこんなイレギュラーな行事に出会えるなんて…っと喜んでいたら、節分が3日でなく2月4日だった年(1984年,昭和59年)もあったようです。37年前にそんな日があったことにもビックリ。全く記憶にございません(笑)

ルームでは、福豆を頂き、チビッコはボーロで代用(笑)新聞紙で思い思いの豆を作って自分たちの作った鬼めがけて笑顔で「鬼は外〜」

とキャッキャ遊んでいる中、保育士扮した鬼の登場。大きなお友達は、張り切って新聞紙豆を鬼めがけて頑張って投げてくれていました。でも、チビッコはやっぱり怖いようで泣いちゃう子達も多発。でも、泣いてるチビッコに大きなお友達は「大丈夫やで、やっつけてくるから」と心強い言葉がけ。鬼が退散すると「ほら、もう泣かなくていいよ!みてみ!帰ったで!」と…こういう異年齢の関わり方って、やっぱりいいなぁと思いました。

余談ではありますが…スタッフミーティングで124年ぶりの節分の話を皆でしてると「うちのおばあちゃんが、節分生まれで節子って名前やのに、今年は違うねん!ってなんとも残念そうに話してましたw」と。いやはや、それはそれで今年はさらにおめでたい!2月3日がお誕生日の皆様、豆のない124年ぶりのスペシャルお誕生日を大切な人達と笑顔でお迎えください(笑)

では、皆様も邪気を払って、今年一年健康に幸せにお過ごしください。

Read more...

ちっちゃな紳士

寒い日もあれば、暖かい日もあり、少しずつ春に近づいてるようで、冬の苦手な私は嬉しくて仕方ない今日この頃(笑)寒暖の差が激しくなっているので、皆様体調だけはお気をつけくださいね。

さて今回は、先日の私のキュンとしたお話(笑)

お散歩に出ようと準備をしている中、思わず「うわっ、さむ〜」と言葉に出たスタッフ。それを横で聞いていた5歳児の男の子が「先生、僕のジャンバー貸してあげるわ」と(⌯˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⌯)♡その優しさに大人の私達は「なんて素敵な事をサラリと言ってのけるの〜♡」と大感動!物理的に借りる事は絶対ムリだけど、本気でそう思って自分が着ていたジャンバーを脱ごうとしてた彼には、温かい気持ちにさせてもらいました。彼には「ありがとね、その優しい気持ちだけで十分だよ」と丁重にお断りさせてもらいました。

そんなちっちゃな紳士が、将来どんな素敵な紳士に成長していくんだろう…とますます未来が楽しみに思えた瞬間でした。

Read more...

豊かな発想

元気いっぱいの子どもたちと公園に…!

鬼ごっこをすると、一回飛ばしで鬼になる私(笑)そりゃもう息はあがりまくりです(笑)3度目の鬼で、お願いして休憩させてもらってると新たな遊びが始まります。

今回は、こんな狭い空間に異年齢のお友達が集合。私は、やはりどう頑張っても入れません(笑)なので、横で見守りのみ。

どうやら発掘作業のようです。お兄ちゃん達の豊かな発想に、年下のお友達も目をキラキラさせて「ここは何かありそう、固いもん」「周りから掘ってみよう」とか、創意工夫がおもしろい。既製品のおもちゃもいいのですが、自然の中で、そこにあるもので自分達で遊びを作り出して楽しめる力は、大切にしていきたいなぁと感じました。

っと、感動してると「はい、先生もう休憩いいやろ?鬼ごっこしよう!」と(笑)はい、また一回飛ばしで鬼をさせてもらいました(*´∀`*)

Read more...

温かいお気持ち ありがとうございました。

草津市の子ども未来部幼児課様より、たくさんある保育施設にRAPAS株式会社より、おむつをご寄付頂きましたと連絡を頂いたので本日頂戴しにいってきました。

私共プティット南草津ルームは、大切なお子様とその親御様を全力で応援したく、24時間年中無休というスタンツを守っています。その為に認可を取らず、助成金なしで民間保育所として運営しております。経営サイドから見れば、認可を取る方向で動いた方が良かったのかもしれません。でもやはり私は、保育士。お子様の為にも、認可の保育園では無理な所を手助けしたい…一人でも「ここがあって良かった」とおっしゃっていただけるご家庭があれば守っていきたい。その思いで、同じ志のスタッフと共に走り続けてきました。気がつけば、この4月で22年目。

ただ、年々運営も大変になっているのが現状です。頭の痛い事もたくさん…。

でも、こうしてご寄付頂ける会社様がおられるというのは、何より私どもの励みとなりました。未来の宝である子ども達に、私達は全力で関わっていこう…それが、こうしてご寄付を頂いたお返しとなるのかもしれないな…っと。

直接お礼を申し上げる機会がなく、心苦しいのですが…。RAPAS株式会社様 この度は本当にありがとうございました!頂戴しましたオムツと温かいお気持ちを大切に、これからも頑張って参ります。

Read more...

明けましておめでとうございます

っと言いましても、もう15日(笑)遅いご挨拶で申し訳ありません(人ω<`;)

毎日コロナの暗いニュースの日々ですが、子どもたちの可愛い仕草や言葉に癒やしてもらってる日々です。

その中の一つ…

私はルームに行くと、子ども達に挨拶しながら「先におトイレいっておこう」っと。そうすると「先生、おしっこ?」っていつも聞いてきてくれる2歳児の女の子がいるんです。「うん、待っててね〜」とトイレに行って出てくると必ず「おしっこ出た?」と聞いてくれる(笑)この年になって確認してもらえるって(笑)毎回のことながら、そんなちっちゃな心遣いが可愛くていつもクスッと笑わせてもらってます。(笑)

そんな小さなお母さんみたいな一言が、子ども達の優しさが目に見える瞬間。保護者の方々、そして保育士や年上の子達からもらった優しさを、ちゃんと会得してるんだなぁ…と。

こうした子ども達の育みの為にも、小さなことから丁寧にそして大切にしていきたいと思います。

ちなみに…こちらの写真は、真似っ子書き初め(笑)4歳児以上さんは、半紙に上手に書けました!ちびっ子は、破れちゃうのでコピー用紙です(笑)日本の伝統文化も、少しずつ取り入れた保育ができれば、楽しいだろうなぁ…と構想はつきません(笑)

本年も、どうぞよろしくお願いします!

Read more...